記事種別

AIで爆速PDCAを実現。CVRアップにこだわった、ドコモのWeb接客ツール「ecコンシェル」を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

タグをコピペするだけ&シンプルな管理画面で「誰でもできる」

 ecコンシェルのシンプルで簡単な設計は、利用開始時から徹底されている。「設定は簡単で、既存のECサイトに簡単なタグを貼るだけですぐに使えるようになります」と石川氏は説明する。

登録後にNTTドコモから送られる数行のタグをコピペするだけで、運用開始できる

 社内にシステム担当者がいない、タグの知識がある人がいないEC事業者のことも慮り、どこにタグを貼るのかを非常にわかりやすく解説。オープンソース「EC-CUBE」はもちろん、おちゃのこネット、カラーミーショップ、ショップサーブ、MakeShop、CARTSTAR、FutureShop2、たまごリピート、ZenCartといったASPカートにも対応。それぞれのカートでの設置についても、マニュアルが用意されている。

 このタグにより、ユーザーの訪問回数、過去の購入回数、サイトの閲覧履歴などの行動ログを取得する。これらを活用して、一人ひとりにあわせた接客が可能となるのだ。

キャンペーン設計画面。各所機能をブログで丁寧に解説している

 さらに管理画面も、「これ以上シンプルにできない」レベルに突き詰めた。マニュアルでは、どの欄に何を入力するのかまで、わかりやすく説明している。

 「EC事業者の方が売上に貢献する施策に集中できるよう、シンプルに設計しました。直感的な操作でキャンペーンを作成いただけます」(石川氏)

NTTドコモ・イノベーション統括部事業創出・投資担当の石川雅意氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2016年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5