記事種別

売上15%アップのアパレルECも!MA施策の中で効果が高い「カゴ落ち対策」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

マーケティング・オートメーションなどの施策から「カゴ落ちディープインパクトからの脱出」を目指します。第6回は、マーケティング・オートメーションで実現するカゴ落ち対策について、導入企業の事例と共に紹介します。

多機能すぎるMA。多くの企業は使いこなせていない現実。

 以前から、マーケティング・オートメーション(MA)の導入支援をお手伝いさせてもらっていますが、MAを導入しているほとんどの企業が「うまく使えていない」と回答しています。

 MAは確かに多機能で便利なツールです。使いこなせれば問題ないのですが、ひと通り何でもできる反面、使いこなすのに時間や人件費、利用料が掛かり過ぎる点が厄介です。

 ECであれば、”売上(利益)増加”が目的となるはずですから、それを実現するために「MAで何をするべきか」をしっかり見極めた上でMAツールを選ぶことが、失敗する確率を減らせると思っています。

 判断基準はシンプルで、MA導入効果がコストを上回るか否か、費用対効果の視点です。

”スモールスタート”と”スピード重視”の考えでMAを選ぶ

 MAを始める上で大切なことは、”スモールスタート””スピード重視”を意識して取り組むことだと思います。

 今はMAでも効果の出やすい施策、「勝ちパターン」が判明してきています。実は、効果の出やすい施策に絞ってMAを展開しているというECサイトも、少なくありません。

 また、MAをうまく活用しているECサイトは、毎日確実に利益を増やしています。単純に、早く始めれば始めるほど事業の成果が良くなるわけですから、できるだけ簡単に実装できる導入負荷が低いMAを選ぶことは、とても大事なことです(要件定義に、半年、1年と費やしているECサイトも少なくないですが本当にもったいないと思います)。

 このように、導入負荷が低く早く導入できて、効果の出やすい機能に絞った「ライトなMA」を選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:カゴ落ちディープインパクトからの脱出

2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5