記事種別

組合員2,830万人!生協のマーケティングを変えた「アール・エイト」のOne to One施策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/12 10:00

全国326の生協が加入。会員生協の組合員数2,830万人、総事業高は約3.4兆円という日本最大の消費者組織、日本生協連(日本生活協同組合連合会)。その中で、「くらしと生協」というカタログECサイトを運営している通販本部の峰村健史さんは、膨大な会員へのメールマーケティングに悩みを抱えていた。バリューコマースの「R∞(アール・エイト)」を導入したことで、念願のOne to Oneコミュニケーションを実現したという峰村さんに、バリューコマースのコンサルタント、野中貴章さんも交えてお話をうかがった。

多すぎたメルマガ、下がる開封率。One to One施策として「アール・エイト」を導入

――峰村さんのお仕事内容を教えていただけますか。

峰村(日本生活協同組合連合会、以下NS) 通販本部という部署は、「くらしと生協」というカタログを作っています。生協というと食品のイメージがありますが、我々が扱うのは、洋服や家具、寝具など「非食品」と呼ばれる分野です。チラシ作り、仕入れ、お届けから問い合わせまでを一気通貫で行っているのが特徴です。

私のグループでは、その中でもインターネット販売を担当し、商品企画やメルマガプロモーションなどを運営しています。今回、バリューコマースの提供する「R∞(アール・エイト)」を導入したのは、メルマガ施策の強化、改善のためですね。

日本生活協同組合連合会 通販本部 カタログ供給企画部
インターネットグループ グループマネージャー 峰村健史さん

――野中さんはどのような役割を?

野中(バリューコマース、以下VC) 私は導入までの支援と、その後、クライアントがツールを活用し、売上を上げるためのサポートをさせていただく立場です。クライアントが取り組みたい施策を整理し、実現のために必要なタスク、データの種類などを洗い出し、運用からサポートまでをお手伝いしています。

――「アール・エイト」導入前は、どのような課題があったのでしょうか。

峰村(NS) 我々は「日本生活協同組合連合会」という組織なのですが、生協は、「コープみらい」や「コープこうべ」など地域ごとにも組織があります。そのため、両者からメルマガが配信されている状況が続いていたのですが、それは組合員さんには多すぎたのかもしれません。開封率とクリック率は年々下がり続けていました。数ではなく、質を上げるため、お客様個別の接客、いわゆるOne to Oneコミュニケーション施策の実現に悩んでおり、アール・エイトのデモを拝見したのはそんな頃でした。

初見の感想としては、One to Oneコミュニケーションはもちろん、自動化の面でも非常に簡易に見えたこと。システム部門の開発も不要で、運用担当の我々だけでできるスピード感もいいなと感じました。また、複数パターンのメールでテストができる点、「顧客ランク」という仕組み、行動・嗜好性に応じたメールの出し分け、サイトログの分析など、豊富な機能が揃っているにもかかわらず、コストも手頃だったため、導入を決めました。加えて、アール・エイトは、EC事業者の利用を想定して作られていたので、利用のイメージが湧いたということもあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EC事業者のためのマーケティングオートメーション特集

この記事もオススメ

2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5