記事種別

「除外キーワード」機能でますます便利に! Amazon スポンサープロダクト応用編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

すでにAmazonに出品しているけれど、もっと売上げを伸ばしたい!というEC事業者さんのために、必勝ノウハウをお届けします。今回は、Amazon内検索連動型広告「スポンサープロダクト」についてです。

Amazonスポンサープロダクトに「除外キーワード」追加

 費用対効果に優れていると評判が高かった「Amazon スポンサープロダクト」。開始から1 年半以上が経過し、利用する出品者が増、広告入札金額も徐々に上昇し、売上高広告費比率(ACoS)の改善を求められる時期になってきました。

 そんななか、2016年明けくらいでしょうか、「除外キーワード」の設定機能が追加されました。パフォーマンスの低い検索を除外することで、広告費をおさえられるうれしい機能です。

 実は、Amazonスポンサープロダクトは、出品者が対象キーワードを決める「マニュアルターゲティング」と、Amazonが自動選択する「オートターゲティング」の2種類があります。

 前者のマニュアルターゲティングでは、キーワードの一致のタイプを設定することができ、除外キーワードもそのうちのひとつです。ほかのタイプも含め、詳しく説明していきます。

キーワードを「表示する」マッチタイプ

 タイプマッチは、「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」など、マッチタイプを設定することで、広告が表示される確立をコントロールできる機能です。

 たとえば、部分一致を使用してより広範な閲覧者に広告を表示する、完全一致を使用して特定のグループの買い物客に焦点を定める、といった使い分けができます。

 どのキーワードを「表示する」かの視点で考えるマッチタイプは、以下のとおりです。

部分一致

 設定するキーワードが「含まれる」検索キーワードに対して、広告を表示します。語順が異なる場合、検索キーワードにほかの言葉が含まれる場合も表示されます。

 広告表示数(インプレッション)を増やしたい場合に効果的です。

フレーズ一致

 検索キーワードと完全に一致するフレーズ、または前後に他の語句を含むフレーズが検索された場合に広告が表示されます。 インプレッションを減らしすぎることなく、ターゲットを絞り込むことができます。

 部分一致と比べると、より関連性の高い検索キーワードに対し広告を表示することができます。

完全一致

 購入者の検索キーワードと完全に一致し、前後に他の検索キーワードが入力されていない場合にのみ広告が表示されます。検索キーワード語句に設定するキーワード以外の語句が含まれる場合は広告は表示されません。

 完全一致では、部分一致やフレーズ一致よりも、より関連性が高い広告の表示となるため、インプレッションは絞り込まれます。

 以下の表は、各マッチタイプによって、購入者がどのようなキーワードで検索したときに広告が掲載されるかの例です。

マッチタイプ 設定キーワード 表示する検索キーワードの例 表示しないキーワードの例
部分一致 メンズ シューズ 人気 メンズ シューズ
メンズ テニス シューズ
男性用 シューズ
レディース シューズ
男性用 パンツ
人気 靴
男性用 靴
フレーズ一致 メンズ シューズ メンズ シューズ
人気 メンズ シューズ
メンズ シューズ レザー
男性用 シューズ
メンズ 人気 シューズ
完全一致 メンズ シューズ メンズ シューズ 人気 メンズ シューズ
メンズ シューズ レザー

 「部分一致」では、一部のキーワードが含まれていれば、他のキーワードとの組み合わせでもヒットし、「メンズ シューズ」を設定しながら、「レディース シューズ」でもヒットしてしまいます。

 「フレーズ一致」では、完全に一致するキーワードの前後に他のワードの組み合わせでもヒットします。「完全一致」では文字の如く、購入者の検索キーワードと完全に一致しないと表示されません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:中級者向けAmazon必勝法

もっと読む

この記事もオススメ

2014年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5