記事種別

メーカーECがスマホから「定期便」に登録してもらうには
「カゴメ健康直送便」を徹底分析 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

カゴメのメーカー直販サイト「カゴメ健康直送便」は、定期購入を促すユーザビリティが秀逸です。単品でカートに入れた場合の自然な導線は、健康食品ECや雑誌等の定期購読サイトの参考になると思います。

自然な導線で「単品」から「定期」へ促進

 単品購入でカートへ商品を入れると、カート画面で大きく定期購入がレコメンドされ、定期購入に変更した場合の料金や特典のメリットが表示されます。また、ボタンも該当の商品の真下に配置。カートから購入手続きに進む前に、「定期お届けコースに変更する」が自然と目に入るように工夫しています。

 ちなみにカートのインターフェースですが、「単品購入」と「定期購入」とでフレームワークが分かれています(同じ商品を同時に、「単品」「定期」ともに購入することも可能です)。別々にすることにより、利用者の操作をクリアにできる効能があるでしょう。

 一方で、若干不便さを感じる点もあります。それは、一度「定期購入」に変更すると、カート上では「単品購入」に戻せない点です。「定期購入」にした商品を一度削除し、「単品」としてカートに入れ直す必要があります。カート上からも単品→定期、定期→単品の変更をできるようにしたほうが便利だと思います。

単品&定期ごとにお届け希望日時の指定

 カートのインターフェースで、「単品購入」と「定期購入」とでフレームワークが別になっていると述べましたが、日時指定も別々に行うことができ、その手法も異なります。

 「単品購入」はカレンダー形式です。ちなみに「日時を指定しない」の場合は、非表示になっており、スペースを省略しているのでしょう。表示領域の狭いスマホですから、情報は必要としているユーザーにだけ見せればよいという視点は重要だと考えます。

 「定期購入」の日時指定は、「日付指定」と「曜日指定」から選択することが可能です。カゴメ通販の場合、商品は健康系食品なので、毎月X日に届けてもらうのか、それとも毎月第Y週Z曜日に届けてもらうのか、選択できるようになっているのは、消費者のニーズに沿う仕様です。

本コラムの著者・飯野さん登壇!「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」

ECの歴史からデザインまで、12人のその道の専門家・人気講師が集結し、2日をかけてあなたを自社ECのプロにするための土台を作ります。本コラムの著者・飯野さんは、「スマホ売上UPのちょっとしたコツ50連発!」で登壇します。ぜひ、ふるってご参加ください⇒ ★★「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」の詳細・お申込みはこちら★★


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 代表取締役 飯野勝弘(イイノ カツヒロ)

    日本IBM株式会社にて法人営業後、大手通販会社の通販部門責任者を経て、2000年に株式会社エムティーアイ(JASDAQ)執行役員モバイルコンテンツ事業部長として、公式コンテンツ500サイト以上の立ち上げを経験。現在、株式会社モバイルコマース代表取締役として、全国の通販企業のスマホサイトコンサルティング業務と開発運営を行う。主業務に「売上の上がるスマホサイトの改善」大企業か...

バックナンバー

連載:新・スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

この記事もオススメ

2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5