記事種別

ユーザに喜ばれるサイトを作ろう 創造的な自社ECサイトのための「SEO対策」4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

「インク革命.COM 」など自社ECサイトを運営するシー・コネクトさんが、創造的な自社(独自ドメイン)ECサイトのつくりかたをお届けします。第4回は、SEO対策についてお届けします。

自社ECサイトの「SEO対策」を考える

 独自ドメインの自社ECサイトにとって、「新規顧客」の獲得は生命線であり、大きく分けると3パターンしかありません。

  1. 検索エンジンの「検索結果」からの流入
  2. 検索エンジン上の「広告枠」や、メディアサイトの「広告バナー」からの流入
  3. SNSや、ブログ記事など「紹介」からの流入

 なかでも、Googleをメインとした検索エンジンの「検索結果」は大きな集客導線であり、「SEO対策」は超重要ファクターです。

 そこで、連載第4回では、元SEOコンサル・現デザインディレクターを務める当社の加藤が、自社ECサイトならではの「SEO対策」にフォーカスした記事を執筆しました。少しテンション高めですが悪しからず。。。

自社ECサイトで確認すべきSEO4つのポイント

 デザイナー・ディレクターの皆さん、SEOしてますか???
 やってるって? 本当に?
 本当に合ってますか? そのSEO!?

 SEOコンサルタントとしての経験から、今回はデザイナー・ディレクターが意識するべきSEOについて書いていきたいと思います。

 ※SEOに関してはさまざまな見解があります。各自自己判断していただければと思います。

1.キーワード選び、2つのポイント

 対策キーワード、決めてますか??
 それは、なんらかの意図があって決めましたか?

 私がWebコンサル時代によく経験した案件で「SEOの施策を打っても効果が出ない!」と嘆くWebマスターの大半は、そもそも「キーワード選び」に失敗していることが多かったように感じます。現在、上位表示を狙っているキーワードが、そのサイトにとって「適切」かどうかの見極めが非常に重要です。

 私がキーワード決定の際に大事にしているのが、競合調査と検索ボリュームです。

1.競合調査

 「ライバル」いますよね? ライバルがどんなワードで集客しているかは非常に重要です。調査の方法はいろいろありますが、まずはライバルのサイトをじっくり研究することです。とにかく敵を知り、ヒントをたくさん貰いましょう!

2.検索ボリューム調査

 Googleが提供している「キーワードプランナー」というツールを用いることによって、月間の平均検索ボリューム及び競合性も調べることができます。

 そもそもボリュームが少ない場合は効果が見えづらいですし、顧客目線に立ったワード選定をしましょう。

 扱う商材等によっても変わりますが、ユーザが求めている「キーワード」に合わせ最適な対策をすることが、「ユーザビリティ」を高め、ひいてはアクセス数を最大化することにつながります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:創造的な自社ECサイトのつくりかた

2015年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5